飛散防止フィルムの必要性

ガラス窓の沢山ある校舎

大きい地震が起きると建物の窓ガラスが割れて道路一面に広がり避難経路をふさいでしまうことがあります。
たいていの場合、避難するときは徒歩であることが多いので、道路に飛散したガラスはとても危険です。

また、避難している最中にも割れた窓ガラスが落下して避難者にけがを負わせる可能性も高いです。
それを防ぐために、窓ガラスの外側にも飛散防止フィルムを貼るとよいです。

コストはかかりますが、割れたガラスでけがを負わせることで発生する賠償金額に比べれば微々たるものです。
家の中であまり気にしないけれど、危険な場所が窓ガラスです。

子供たちがふざけていて窓にぶつかりガラスが割れてしまい、けがをしてしまった、という話をよく聞きます。このようなことを避けるためには飛散防止フィルムを貼ることです。

これを内側に貼ることで、たとえガラスが割れても中に入ってこないので安全です。

また、空き巣に狙われたとしても、外からハンマーなどでたたいてもガラスがわれても飛散防止フィルムがあるため、侵入するのが困難になり、あきらめるケースが多いです。

ガラス交換のメリット

ガラス窓と校舎

住居への空き巣被害で、侵入手口は「ガラス破り」が高い割合を占めています。その為、防犯ガラスへガラス交換することは、空き巣被害防止に大変有効だと言われています。

しかし、単板ガラスが主流の時代の住宅は、サッシ自体が防犯ガラスの厚みに対応できない場合も多く、ガラス重量も倍近くとなるために戸車が支えきれずに開閉に支障をきたします。

そういう場合は既存のガラスに飛散防止フィルムを貼る事で、低コストで防犯効果を出すことができます。自分で貼ることもできますが、特に面積の大きいリビングの窓などは、ガラス交換やガラス修理を請け負っている業者へ委託をする方がホコリや気泡が入る事なく、きれいに仕上げることができます。

窓ガラスに貼り付けることで、飛来物や地震などが原因でガラスが破損してしまった際に、ガラス片が飛び散ることを予防するフィルムを指します。

飛散防止フィルムを貼ることによって、ガラス片が原因による2次被害を予防できます。

また、フィルムを貼り付けることで、簡単に突破出来なくなるため高い空き巣予防効果も得られます。

低価格で様々なメリットを得られる為、近年はガラス修理やガラス交換の際に、飛散防止フィルムをあらかじめ貼るサービスを提供する業者が増えています。

ガラス交換とは

そびえるガラスの校舎窓

ガラス交換とはガラスが割れてしまった場合にガラス修理をしたり、飛散防止フィルムを付けてガラスの安全性を高めたり、また安全のために防犯ガラスに入れ替えたりとする事です。

ガラスが割れた場合などの緊急時には早急な対応が必要となるため、修理までのスピードが要求されます。また、万が一ガラスが割れてしまった時のために飛び散らないような対処を施したり、セキュリティを高めるために防犯ガラスを入れたりと保険的な意味合いでする場合も多いです。

ガラス交換を行う際に安全性を高めるため対策として飛散防止フィルムを取り付ける方法があります。これは無色透明フィルムなので建物や店舗のイメージを変えることなくお客様の安全を確保することができます。

フィルムを取り付けることでガラス破損時の安全性があがります。透明フィルムのため明るさやイメージが変わらず、人体に有害の紫外線も99.9%カットすることができます。

利用する場所としては大型商業施設、レジャー施設、学校などでも採用されています。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031